悩む女性たち

てんかんと間違えやすい病気はある?

てんかんとは、慢性の脳の病気で、大脳ニューロンの過剰放出のため、突然発生する強い電気性の、興奮発作を繰り返します。
てんかんの発作の時の状態は、大脳が興奮する部位によって、色々と違ってきます。

一般的にけいれんと呼ばれるものは、手足をがたがたと、規則性のあるリズムで曲げたり伸ばしたり、手足がピーンと突っ張って、体を硬直させてしまう特徴があります。
また、急に一瞬の短い間意識が無くなってしまう発作や脱力、身体全体や手足が、わずかにピクッとする発作、感覚や感情などの気分の変化、特異な行動など、いろいろな症状が出てくる場合もあります。

発病する年齢ですが、3歳以下の時が最も多く、成人になると、徐々に発病者は減っていく特徴があります。
しかし、60歳以上の高齢者になってきますと、脳血管障害などが原因となり、てんかんの発病が再び増加する傾向があります。

てんかんには、その原因によって、特発性と症候性に分けることができます。
特発性てんかんは、原因不明とされているてんかんです。
一方、症候性てんかんは、脳に何らか障害や損傷が起きて、脳の一部にダメージが与えられて起こるてんかんです。
出産の際に、何らかの原因で胎児の脳に傷がついたり、低酸素や脳炎、髄膜炎、脳出血、脳梗塞、脳外傷、アルツハイマーなどが原因となり、脳がダメージを受けた場合に起こるてんかんです。

脳の神経は、普段、興奮と抑制がほどよく調和されて機能しているのですが、発作が起こっているときには、興奮の神経が強く機能し、抑制の神経の力が上手く働かなくなり、激しい電気的な発作が表れます。

また、てんかんという病気は、意識障害があるかないか、発作の症状、発作型、発作の対称性によって、細かく分類されます。
大きく分けて、部分発作と全般発作があります。
名前の通り、部分発作は脳の一部に限定されて起こる発作で、全般発作は、大脳の広範囲で興奮が起こり、意識障害を伴います。

小児てんかんは医師も誤診をすることがある

様々な症状のタイプがある、てんかんは、他の病気とも間違えやすいです。
転換性障害やナルコレプシー、一過性脳溢血発作などがあげられます。
病院で診断を受けても、特に小児てんかんの判断は難しいと言われています。

ストレスや不安などから起こる転換性障害は、急に声が出なくなり話せなくなったり、立つことや歩くことが出来なくなる場合があります。
精神的な乱れが、身体の障害として表れるものなのですが、てんかんの発作と間違われやすいです。

一過性脳溢血発作とは脳卒中や脳梗塞の一種で、脳の血管が詰まることで、しびれが出たり、声が出ない状態になったりします。
これも、てんかんのけいれんなどの症状と似ているため、診断が難しいです。

過換気症候群も、不安やストレスといった精神面が原因で起こる病気です。
過呼吸になったり、めまいや頭痛、失神などの状態に陥ることがありますので、てんかんと似ています。

ナルコレプシーとは、睡眠障害の1つです。
突然強い眠気が襲ってきたり、全身や足腰などの脱力感、幻覚や金縛りのような睡眠麻痺などの、睡眠障害が起こります。
これらも、てんかん発作と似ている症状ですので、間違いやすいです。

憤怒けいれんは、乳幼児に起こる病気で、急に呼吸が止まり、顔が紫色になり、身体全体を固くして首や背中を反り返させる状態になります。
熱性けいれんも、乳児から5歳ぐらいまでの子どもに発症する病気で、38℃以上の熱が出て、全身がけいれんします。
どちらも、てんかんと、よく間違われます。

失神は、脳の血液量が一時的に減少したために発作となります。
立ち上がった時や、トイレを済ませた直後、採血が終わった時などに起こりやすく、めまいや脱力、顔面蒼白、意識障害となったりするため、てんかんの症状と似ています。

病院での誤診も多いてんかんですが、現在では、てんかん発作の8割は薬でコントロールできるようになっています。
治療しながら、上手く付き合っていくことが大切です。