悩む女性たち

てんかんの症状は細かく種類があります

てんかん
【参考】詳しい情報は上記サイトを参考にしました

てんかんはその症状の違いによって複数の種類に分類されます。
大きな分類として用いられているのは部分てんかんと、全般てんかんです。

部分てんかんと全般てんかんの大きな違いは症状が現れるときの脳のはたらきが異なっていることです。
部分てんかんの場合には脳の中でも一部分から、てんかんの症状を引き起こすような状態が現れます。
そのために引き起こされる発作も、脳内の一部分の働きに限定されたものになっています。

全般てんかんの場合には脳の複数の場所から、症状を引き起こすような状態が現れます。
全般てんかんの場合には脳のより広い部分で発作に関連する症状が見られるのが特徴です。

部分てんかんはさらに二つの細かい種類に分けることができ、そのうちの一つが特発性部分てんかんという症状です。
この特発性部分てんかんは症状が発症した原因がわからないというところに大きな特徴があります。

一般的に突発性のてんかんは遺伝などが原因であるとされています。
そのために突発性の発作は、子供などに起こりやすい症状になっています。
突発性のてんかんは症状が改善しやすいがもう一つの特徴であり、子供の頃に症状が発症しても大人になって改善していくケースも多く見られています。

もう一つの症候性部分てんかんは、特定の病気や怪我などが原因で発作が現れるようになったことが、明らかな症状です。
脳にできた腫瘍などが原因でこうした症状が現れることがあります。
症候性部分てんかんは特発性部分てんかんと比較して、症状が改善されにくいという特徴もあります。

全般てんかんも大きく分けて二つの種類に分けることができます。
その一つが特発性全般てんかんです。
特発性全般てんかんも特発性部分てんかんと同様に、症状が発症した理由が不明なのが特徴です。
特発性全般てんかんは特発性部分てんかんに比べて、症状が改善する可能性が低くなっています。

全般てんかんのもう一つの種類は症候性全般てんかんで、症候性部分てんかんと同様に特定の怪我などが原因で起こる症状です。

てんかんの合併症としてある記憶・言語障害について

医者

てんかんが発生したときにおもに身体の外に現れる症状としてはけいれんなどの発作があります。
その他に視界が見えにくくなったり、不快感を感じるようなこともあります。
また一時的に意識が失われる意識障害が起こる場合もあります。
けいれんや意識障害などが頻繁に発生する場合には、これらの症状の他に特定の合併症を引き起こす場合もあります。

こうした合併症の中でも特に、日常生活を送る上で大きな障害となるのが記憶障害や言語障害です。
こうした症状が発生する原因は、脳の中でも言語や記憶の中枢となっている部分に、てんかんを引き起こすような症状が現れる場合です。
こうした状態の場合には、記憶や言語をコントロールする脳の組織がダメージを受けている場合があるために、記憶障害が言語障害が起こることがあります。

てんかんによる言語障害として一般的なケースとして、話すことが困難になる場合があります。
これは会話を行なう上で必要になる、意味のある言葉を組み立てる機能が、脳内の特定の部分の損傷により、損なわれていることが原因です。

その一方で言語障害には、他人から話しかけられた会話の内容が理解できないために、話しがしづらくなるという症例が発生する場合もあります。
これは脳の中で耳から入ってきた聴覚的な刺激を意味のある言語として認識することができなくなっていることにより起こる症例です。

これらの言語障害や記憶障害は、てんかんが進行することによって脳内の損傷が悪化し、引き起こされる場合もあります。
発作が改善した後でも脳に障害が残るようなケースもあるために、医師の診療を受けて適切な予防策を講じることが、脳に後遺症を残さないために有効な方法になります。