悩む女性たち

大人になって発生するてんかんの症状

頭抱えた男性

脳が興奮しすぎて発作になるのがてんかんでとても厄介な病気です。
大人のてんかんには2つ種類があり、それぞれ特徴があります。
脳全体が興奮状態になって突然なる全般発作が良く人々に認知されています。
そのほかにも脳の一部が興奮して起こる部分発作もあるのです。

大人のてんかんになる原因はいろいろあるため、注意していてもなることもあります。
原因から特発性てんかんと症候性てんかんに分けられ、分類することも可能です。

特発性てんかんは原因不明とされているものもあり、どうしてなってしまったのかわからず納得いかないこともあるでしょう。
生まれたときからなりやすい傾向であったためとされて、どうしようもなくて複雑な気持ちです。
てんかんになりやすい傾向が遺伝するという説もあり、自分ではどうしようもないのでやるせないでしょう。

先天性異常であるといわれることもあり、原因はそれだとされることも多いです。
今の科学ではわかっていないこともあって、これからの研究に期待するしかありません。

症候性てんかんは脳に障害や脳外傷、脳腫瘍ができたことで起こるため、わかりやすいです。
出生時に脳に傷を負っていてもなるので注意しようがないといえます。

低酸素だったりしてもなる場合があります。
脳炎にかかっても発症するので大変です。
髄膜炎なんかも一見関係なさそうに見えますが、原因になります。

脳出血や脳梗塞、脳腫瘍でもなることがあるため、中高年の方も無関係で入られません。
何らかの事故などで脳外傷を追ってしまったことも原因になってしまうので、日ごろから注意が必要です。
高齢者の方でもアルツハイマーで起こることもあるとされていて、どの年代の人でもなる可能性はあるでしょう。

脳に障害を受けたときにも発症するてんかんがあると知っておくことは大切です。
先天性異常であったりしても、何が原因かわかっていると対処の方法も変わってきたりします。
薬を飲むにしてもいつまで飲むのかとかいろんなことで影響が出てくるのです。
治療にも原因が何であるかが重要になってきます。

てんかんの軽度~重度の症状について

てんかんは脳の興奮の起こった部位や広がり方で全般発作と部分発作があるのです。
本人に意識はあり、発作の最中のことも記憶していて、そのことについて語ることもできるものもあります。

異常運動として手や顔が突っ張ったり、ねじれたり、痙攣することもあるのです。
体全体が片方に惹かれたり、回転したりするのも異常運動のひとつなので、何か良くわからない行動をしだしたら、てんかんを疑うことも大事です。

異常知覚として視覚や聴覚に異変が出ます。
輝く点や光が見えたり、ピカピカするといった視覚的なことも出てくるのです。
音が響いたり、耳が聞こえにくい、カンカンという音が聞こえるといった聴覚的なこともてんかんの異常知覚といえます。
自律神経にも異常が出てくるので頭痛や吐き気もあります。

意識が次第に失っていき、周りがわからなくなる意識障害があり、記憶障害も出てくるものもあります。
意識障害であっても倒れることはまれであり、急に動くのをやめて、顔がボーとなるのです。
自動症といってあたりを歩き回ったりする症状もあります。
口をもぐもぐさせることも自動症であったりするので、何かいつもと違うなと感じることは間違いないでしょう。

全般発作の症状は大脳全体で興奮が起こることで発生して、意識を失うことが多いです。
突然意識を失って、歯を食いしばり、呼吸が止まって、手足を伸ばした状態で全身が硬くなっていく強直発作と、ひざを折り曲げて、手足を曲げ伸ばしを繰り返す痙攣の間代発作があります。
発作が起こった後は普通に生活するのですが、意識朦朧状態では危険が多いので気をつけることが大切です。

全身の筋肉の緊張がなくなって崩れてしまう脱力発作と呼ばれるものもあります。
数秒以内なので気づきにくいですが、怪我などしないようにする必要があるでしょう。